フェイシャルエステで施術する前に、注意すべき事があります。フェイシャルエステは、しみやしわ、たるみ、くすみ、ニキビなどのお肌のトラブルに対処し、それらを改善させる施術を行います。お肌の状態
まず、お肌の状態がその施術に耐えられる状態なのかを、確認しなければなりません。日焼けをしてお肌がダメージを受けている場合、火傷でケロイドの状態になっているお肌、乾燥肌、アトピー性皮膚炎の方などは、逆に症状が悪化してしまったり、思わぬトラブルを招いてしまう可能性があります
日焼けによる炎症を起こしている状態で施術をすると、お肌がヒリヒリしたり、更に炎症を引き起こす恐れがあります。乾燥肌でも同様に、角質が剥がれている為炎症が起こったり、ひどい場合は出血していまう場合もあります。
また、妊娠中や月経中は、ホルモンバランスの乱れにより、お肌が敏感になっている為、注意が必要です。出来れば月経期や妊娠初期は避け、体調の良い時に施術するようにします。

本来、フェイシャルエステはお肌のトラブルに対応し改善させるものですが、判断を誤ると、施術前より悪化してしまう恐れがあります。気になる点がある場合は、施術を受ける前に皮膚科やエステサロンのスタッフとよく相談し、安全である事を確認で出来てから施術するようにしましょう。


フェイシャルエステの施術方法には、実に様々なものがあります。自分の肌をよく知る事で、どの施術方法が効率的かがわかります。ここでは、フェイシャルエステの施術方法についてご説明します。

施術方法主にハンドケアと、美顔機器を使用する施術となります。
ハンドケアは、お肌に直接触れる為、摩擦でお肌を傷めたり、負担をかけないように、クリームやジェル、オイルなどを使用します。ハンドケアでマッサージを行う事により、血行を良くし、筋肉のこりも緩和されます
その為むくみやたるみが解消され、小顔になります。更に通い続ける事でリンパの流れが良くなり、お肌の新陳代謝が促され、美肌、美白効果も得られます。
美顔機器ではハンドだけでは得られない効果が得られる為、エステサロンではよく使用されます
まず、イオン導入です。こちらは機器を肌に当て、微弱電流を流します。ビタミンCなどの美容成分をイオン化させ、お肌に浸み込ませるのです。
次にマイクロカレントです。こちらも微弱電流を肌に流し、細胞の回復を促し小顔にさせる他、毛穴の汚れも除去します。
次に、インディバという機器です。こちらは高周波の温熱効果で代謝を上げ、老廃物を輩出します。
その他L6という機器はお肌をマッサージし、奥深くの細胞まで刺激する事でお肌を活性化させます。
最後にバイオプトロンという機器ですが、高濃度の酸素を含む水分を顔に吹きかけ、細胞を活性化させる可視光線を当てる事により小顔にさせてくれます。


年齢と共に、しみ、しわ、たるみ、などといったお肌の悩みは増えていきます。セルフケアも重要ですが、やはり限界があります。専門家や、最新の機器を使用してお手入れしてもらう事で、より高い効果と改善が見られる為、気になる人はエステサロンに通う事をお勧めします。ここでは、エステで行われる肌トラブルを改善する為のフェイシャルエステについて、ご説明します。

エステサロンフェイシャルエステは、美白、にきび、たるみ、シミ、しわなどの、顔を中心とした、お肌のトラブルに対して行われるエステサロンの施術メニューの一つです。基本的には、クレンジング、マッサージ、パック、美顔器などを使用して血行を良くし、お肌の質を改善させます。エステサロンならではの本格的なスキンケアで、短時間で美肌効果を得られます。エステサロンでは、カウンセリングにも力を入れており、その人に合った施術内容を提案してくれ、利用者の悩みに合わせて豊富なメニューも、取り揃えています。
お肌に関して、複数の悩みがある場合は、複数のメニューを組み合わせたお得なコースや、挙式を控えている人の為のブライダルエステなども用意されていて、充実した内容となっています。また、自分では気づかずに、間違った手法でスキンケアしてる人も多くいます。何が正しいのか、専門家でなければわかりません。お肌の質や悩み、部位によってスキンケアは異なります。専門家に任せる事によって、効果は確実に得られます。

フェイシャルエステは美肌効果はもちろん、小顔やアンチエイジングにも効果を発揮します。事前にカウンセリングをよく受け、どうしたいのか、目的を明確にします。自分の肌の状態もきちんと把握し、合う方法を見つけましょう。